雑記帳 二〇十七年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十六年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十五年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十四年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十三年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十二年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十一年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇一〇年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇九年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇八年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇七年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇六年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
zakki_top.gif

橘井堂二〇十四年卯月二十九日

TBSとWOWOWが共同制作のドラマ「MOZU」の撮影、出演シーンを全て撮り終えた。
公安部長役、腹に一物持ちながら何かを企む役所は少なくはないけれど、今回はアクションシーンが見所のドラマだけに、知能戦だけで済ますことはできないかもしれない・・・。
シーズン1のTBS版「MOZU〜百舌の叫ぶ夜〜」での緊張感あるシーンの連続には一視聴者としてもグイグイ惹き込まれる。
シーズン2、WOWOW版「MOZU〜幻の翼〜」から登場するワタクシの責任は重大だ。
もう、撮り終えてしまったので、どうすることもできないけれど、素晴らしいロケーションのなかで、素晴らしいスタッフと共に、素晴らしい俳優達と共演させていただいたことに心から感謝したい。
一挙手一投足が甘美だったなあ・・・。
地方ロケでは俳優達が集まって、酒を酌み交わした。
腹を割って話し合える共演者に恵まれ、俳優冥利に尽きた。
私と同じくシーズン2から参加の蒼井優さんとは以前、ドラマでチラリとご一緒させていただいたくらいだが、いや〜、ジワリと迫る鋭敏な神経にタジタジでした。と同時に、とても濃密で甘美な時間でもあり、共演したみなさんは敵対する役柄の人たちばかりでしたが、それがまた私をゾクゾクさせもするのでした。
ちょっとマゾっ気のある佐野です。^^;
西島秀俊さん、真木ようこさんとは初共演・・・なんでしょ?みなさんのあの切なく苦しくなる様な空気感。池松壮亮さんの殺気にもクラクラ。
昔から重要な役所で何度も共演させていただいている香川照之さんからは歌舞伎のお話も聞かせていただきながら、その役者としての姿勢に実に学ぶ事が多かったです。
久しぶりに小日向文世さんともご一緒できたし・・・竹内銃一郎さんの舞台でずっと一緒だったこともあり、小日向さんには、やはり深い親しみを感じてしまいます。
そんな濃い空気のドラマ、MOZU・・・これからも目が離せませんよ!!

一方、テレビ東京の連続ドラマ「マルホの女 保険犯罪調査員」にも3話ほど出演させていただきましたが、こちらは主演の名取裕子さん、麻生祐未さんのヘンテコなコンビ、現場でも息がピッタリ!!・・・というか、それぞれの個性がお強い・・・というか・・・。^^"
名取さんの大人の女っぷりに対して、あまり見ることのないキャラクターのハチャメチャな麻生さんとのコントラストが楽しかったです!!
色々な世界を生きる事ができる世界に身を置きながら、その眼差しが現実にも投影されるところもまた、このお仕事の面白い所です。

さて、7月のギリシャでの「ギリシャ小泉八雲没後110年記念事業 オープン・マインド・オブ・ラフカディオ・ハーン 西洋から東洋へ」のひとつとして行われる、レフカダ島、コルフ島での小泉八雲〜ラフカディオ・ハーンの朗読LIVE「望郷〜失われることのない永遠の魂の故郷〜」、それに向けて相棒のギタリスト、山本恭司と第一回目のリハーサルを行った。今回は海外での公演ということで、字幕を表示しなければならず、まずは音資料を用意せねば…とスタジオに入った。
これまで続けてきた小泉八雲の朗読ライブのベスト版ともいうべきラインナップで構成してみたのだか、ちょいと詰め込みすぎたので、再構成することに。シナリオを書き直し、レフカダ島、コルフ島でのセットリスト(朗読というよりライブのノリなんで^^;)を変えてみた。これで、日本からご一緒するツアーのお客様にも楽しんでいただけるかな?とも思いながら。
いらっしゃれる方は、是非、楽しい夏のひと時をギリシャのリゾート地でお過ごしください。
毎日、まったく違う仕事が続いている。6月にはバンド、ゼラチン・シルバー・ミュージック・クラブ・バンドのアルバム「ニュープリント」がリリースされるので、その準備とか。橋本潤が亡くなってしまったので、ライブをどうしたら良いかはわからないでいるが、潤の追悼の想いを込めて、多くの方に聴いていただきたいと思っている。
先日は、日野の明星(めいせい)大学の創立50周年の記念誌のため、稀覯本収蔵庫の取材があった。ルイ14世の銅版画のコレクション本や、東方見聞録、純粋理性批判、聖書の羊皮紙に手書きされた写本、解体新書…ビブリオマニアにはたまらない書庫だろう。私もすっかり興奮してしまった。
なかでも、1623年に刊行されたシェイクスピア全集の初版本には、私の役者人生のスタートがシェイクスピアだっただけに、なんとも愛おしい想いで手にした。
また、小泉八雲の初版本の数々や手紙、原稿なども手にすることができ、明星大学の所在地が、小泉八雲の「勝五郎再生記」の舞台、程久保であることや、「雪女」の舞台の青梅にも明星大学があることを聞き、このタイミングでこれらの貴重なコレクションに触れることができたことに強く縁を感じた。

明星大学には構内にシェイクスピアが当時上演していたグローブ座を模した劇場もあり、いつかここで小泉八雲の朗読ライブを行ってみたいと構想が湧いた。

photo

★1623年、シェイクスピア全集を開くと、あのお顔が…しかし、その実像は謎!?


photo

★初舞台は1975年、渋谷の小劇場ジァンジァン、シェイクスピアの「十二夜」、サー・アンドルー王子役。バカ王子役から始まった役者人生にブレはないぜ!!^^;アンドルー登場とある…シェイクスピアに感謝!!


photo

★熊本から松江に向けて出された手紙。代金不足が微笑ましい。

zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘井堂二〇十四年卯月二十四日

6月にリリースが決まったばかりだったのに、バンドのメンバー、ベースの橋本潤が亡くなってしまった。
昨年末の大瀧詠一師匠の急逝は、思いもよらず、殴られたようなショックを覚えましたが、潤は何年も癌と戦っていたし、でも、それでも先のことを考えず、とにかく一瞬一瞬、一緒に演奏する時には特に何も考えず、無心になって演奏していました。
正直、これからどんな形で音楽を続けていくのか、今はまだ何も考えられません。
ただ、リリースに向けて、潤が残してくれた音を、一人でも多くの人に聴いてもらえるよう、努めていくだけです。
それが、一番の潤への供養になると思うし、潤も喜んでくれると思います。

ふり返れば、あまりにも色んな事がありすぎて、慌ただしさにかまけて、何一つ腰を据えてじっくりと取り組んでいけていないような気もしています。
ただ、目の前の、やらなければいけないことに突き進むばかりで・・・。

ドラマはテレビ東京の「マルホの女」やTBS&WOWOW共同制作の「MOZU」などが続いていましたが、それももうすぐ終わり、一段落。
5月24日公開の伊坂幸太郎原作、藤井道人監督「オー!ファーザー」の告知などで、バラエティ番組への出演も続いています。
7月のギリシャ、レフカダ島、コルフ島での山本恭司との小泉八雲の朗読LIVEも秒読みとなってきて、この小泉八雲=ラフカディオ・ハーンの生まれ故郷へ届ける「日本語」によるハーン作品がどのように現地で受け止められ、また、どのようにハーンが想ってくれるだろうか・・・?と、今から緊張しつつも、とても楽しみにしています。

アメリカ版の「GODZILLA」の公開を控え、日本のゴジラファンとして、またゴジラ映画へ出演している俳優として、何かと取材も多く、音楽の伊福部昭さんとともに、あらためて観直し、触れ直しております。
2008年にデジタルリマスターされた時にも、ゴジラ全作品を観直しましたが、観るごとに新たな発見 があるのもゴジラ映画の魅力かもしれません。
はっぴいえんどのこととか・・・遠藤賢司師匠の新譜やLED ZEPPELINのリマスターや、ポール・マッカートニー再来日など音楽も次から次へと楽しみ満載!!ではあるのですが。

音楽、映画、ドラマ、朗読、トークイベント、バラエティ、取材・・・とにかく、毎日、違うことをしているので、落ち着きませんが、一瞬一瞬が命。
悔いのないように、今を生きなければ!!
zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘井堂二〇十四年卯月八日

6月に放送予定の日本テレビスペシャルドラマ「磁石男」の撮影をすべて終えた。
愛知県、三河田原のキャベツ畑での撮影の日々、ホントに何もないところだったけど、ゆったりとした気持ちで撮影に臨むことができた。
とはいえ、ゆるやかな時間の流れとのギャップの、神経を張り巡らせるカットカットの連続に、かえって集中力をさらに必要としていたかもしれない。
おだやかな好人物を演じるとき、どうしても「いい人」を演ろうとしてしまう。
妙に笑みを浮かべてみたり・・・台詞に裏があるわけではない・・・と、過剰に棒読みにしてみたり・・・。
悪役を多く演じているからだろうか、変なところを意識してしまう。
雑念を払い、もっともっと、素直にならなきゃな〜。

フジフイルムさんからお借りしたXシリーズのX-T1 で、撮影の合間に写真を撮るのも役づくり・・・?^^" とっても操作しやすい、プロ仕様だけれど、とってもわかりやすく、シンプルなカメラです。
・・・と、宣伝・・・というわけでもないのですが、お気に入りです。
リコーのGRやGXRも素晴らしい画が撮れるのですが、リコーのレンズは、たしかに深みがあって、こちらも素晴らしく・・・合体できないもんですかね?w フジノンレンズはくっきり、はっきり、ちょっと優等生な感じがしますが、それだけ使い手を選ばない、誰にでも馴染めるレンズなのかもしれません。
コンパクトカメラのX-Q1も機能はT1と変わらず、しかもトイカメラやミニチュアなどの遊べるフィルターが付いているし、もちろん顔キレイナビも便利・・・ありゃりゃ、止まらないな^^"

ここのところ、取材が多く、集英社の「kotoba」で対談を始めたこともあるのですが、ゴジラ、古事記、小泉八雲、大瀧詠一、実相寺昭雄・・・撮影のない日はゲラ校正に追われております。
サンケイスポーツと日本映画専門チャンネルで連載している「ゴジラの向こうに見えるもの」も字数は決して多くはないのですが、ゴジラ映画を観直したり、関連書籍を読んだりと時間をかけています。

今年はアメリカ版の「GODZILLA」の公開もあり、なにかと怪獣、特撮ものの取材やお仕事も続きそうです。
先日も東京、新宿高島屋で14日まで開催の「円谷英二 特撮の軌跡展」のオープニングセレモニーに参列させていただき、テープカットを。この展示は京都、大阪、横浜も巡回するので、お見逃しなく!!
・・・振り返れば、ゴジラや東宝の特撮シリーズ、ウルトラシリーズ、俳優の道を進みはじめてからも、怪獣、幻想怪奇の世界から離れたことがひと時もありませんでした。
それもこれも、すべては円谷英二さんやゴジラに関わっていらした方々が生みだした作品と出会えたからだったと、あらためて特撮の神様に手を合わせたく想います。
ありがとうございました。

ゴジラといえば、音楽の伊福部昭さんの生誕百年の年でもあり、伊福部ワールドにも今年はどっぷりと浸りそうです!!!

さて、TBS木曜ドラマ「MOZU season1 〜百舌の叫ぶ夜〜」が始まりますが、僕はWOWOWで6月からスタートする連続ドラマW「MOZU season2 〜幻の翼〜」から参加。
公安警察官役。
もうしばらく、シリアスなサスペンスドラマの時間が続きます。
しかし、このドラマ、桁外れの規模の壮大なドラマ!!!
是非、ご覧ください。

photo

★X-T1で撮った桜。


photo

★iPhoneのinstagramのアプリで加工。


photo

★ちょっとピントが甘かったけど、マクロモードで撮影。


photo

★iPhoneのカメラも、ホント、良く撮れます。
渋谷の放送局前にて。題して「電波と桜」!!
意味深?・・・いや、公平な報道と深く踏み込む番組を!!との想いを込めて。

zakki_bottom.gif

戻る

目次ヘモドル