雑記帳 二〇十七年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十六年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十五年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十四年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十三年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十二年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十一年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇一〇年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇九年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇八年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇七年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇六年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月二十九

京都で続いていたドラマの撮影も、その後、東京に戻り、名残惜しい歌舞伎座でのロケなども混じえ、途中松江に帰省したこともあり、
長い旅を続けていたようでした。

photo

★改修前、最後の歌舞伎座でのロケでした・・・。歌舞伎はたまに観るくらいだけど、八十助(十代目、坂東三津五郎)と児太郎(九代目、中村福助)の『名月八幡祭り』忘れられません!!

最後は伊豆の豪華な温泉旅館で・・・。
けれど、ゆっくり泊まれたわけではなく、撮影終了後、なんと長野の志賀高原へ移動!
新しいドラマの撮影は、翌日、いきなり冬山登山の設定から始まりました〜!!
もう、5月になろうというのに、吹雪いておりました・・・。
さすがに夜間ロケは中止となり、ひさしぶりにR・I先輩や昔から共演させてもらうことの多いF・Kさんたちと酒を酌み交わしました。
先輩から昔の映画の現場などのお話しを聴かせていただき、こういう時間こそが、学ぶことの多い時間でもあるのだな〜と思うのでありました。

photo

★宿から覗いた志賀高原の雪景色。


そういや、『銀座百点』5月号、No,666(5月1日配布/263円)に、僕と女優の益戸育江(本名に戻した高樹沙耶)さんの写真談義が掲載されるのですが、連載されている俳優の池部良さんや作家の村松友視さん、映画評論家の川本三郎さん、落語家の立川志らくさん(立川談志さんからバトンタッチしての執筆!)らの随筆が、毎回とても面白いのです。
今回は、志らくさんが立川談志さんの弟子としてまだ日が浅かったころのお話しが印象深かったです。
談志さんとビートたけしさんがバーで飲んでいる外で待っていた志らくさんと、やはりたけしさんのお弟子さんの浅草キッドのお二人のお話し・・・。
先輩や師匠の話しを聴きたくても、なかなか聴けなかった修業時代・・・。
なのに、今のやつらときたら・・・いや、詳しくは、是非、お手にとってご覧ください!

状況劇場時代、座長、唐十郎の横ではじめて酒が飲めたときの喜びを、忘れてはならないな〜と、戒めるのでありました。
澁澤龍彦、種村季弘、色川武大、中上健次・・・といった文学者たちと語る唐さんの話しは詳しいことはなにひとつ覚えていないけれど、ただ、そこにいられるだけで幸せでした。

時は移ろい、変わって行くけれど、先達から受け継いでこれたものがあるのかどうかもあやふやなまま、今日も、ただただ、そこにいるだけなのでありました。
zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月二十四

ドラマの収録も京都編が終わり、飛び飛びの撮影なので、ここのところちょっとゆっくりしています。
写真の整理をしたり、久しぶりに友人たちと会ったり・・・。
資料の本を読んだりしています。
こないだは、新春に放映していたNHKのドラマ『咲くや、この花』でお世話になった渋谷の鰻屋さん『松川』さんにお邪魔して、久しぶりに鰻を食べました。
やっぱ、美味しいね〜。
鰻屋の主人だったんで、焼き方とか、包丁さばきとか、一応教えていただいたんですけど・・・一朝一夕でできるもんじゃあないので、リアリティがあったのかどうか・・・?
毎回、毎回、色々な役は演じていても、なかなかひとつのことを続けることができません。
英語がペラペラの役だったり、香道の師だったり、津軽三味線の名士だったり、剣の達人だったり・・・でも、フツーのオトーサンだったり・・・。

今日は悪かった天気も回復して、久しぶりに穏やかな陽気・・・。
吉祥寺の街はすごい人出なんだろうな〜。
せっかくのお天気なんだけど・・・・ついつい休みの日は家でゴロゴロしてしまいます・・・。
ああ・・・宿題は山積みだというのに・・・。
zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月十七

昨日は武道館へジェイムス・テイラーとキャロル・キングのLIVEへ!!
しかもバック・ミュージシャンは、昔ながらのメンバーが揃って・・・。
ジェイムス・テイラーの少年時代からの友人で、フライングマシーンでバンドも一緒だったし、いつも一緒にギターを弾いていた、そしてキャロル・キングもTHE CITYってバンドやソロアルバムでもなくてはならなかったギター、ダニー・クーチが共に登場!!
憧れのバンド、THE SECTION のメンバーの3/4が集結!
ベース、リーランド・スクラー(ユーミンの「コバルトアワー」でもベース弾いてます)、ドラムス/ラス・カンケル、ギター/ダニー・クーチ・・・キーボードのグレッグ・ダーギこそ揃わなかったけど、音は、確かに、あの、あのセクションの音!!!
ま、まさか・・・生でこの音が聴けるとは・・・70年代に身体ごと持って行かれてしまった武道館でした・・・。
曲は名曲ぞろいだし・・・しかし、キャロル・キング・・・ライターとして、まずは凄い!
アンコールを「ロコモーション」で締めるあたりも、ポップスの王者でもあり、シンガーソングライターの開拓者としての功績の大きさも、あらためて認識させられもしました。
スゴイわ・・・。
高音の声がかすれ気味だったのがちょっと残念だったけど、それも含めて、「生」でした!
the shirellesの”Will you still love me tomorrow?"もね、もちろんやりましたよ!・・・50's、60‘s、70's・・・そして現在に至るまで・・・良い音楽は、本当に不滅なんだな〜。
" So far away""It's too late"・・・これでもかってくらい、次から次へと続く名曲の数々・・・。
一方、ジェイムスは、長かった髪は、まったくなくなってしまっているのだけが年月の長さを感じさせたけど、声もギターも、何にも変わらずに、あのころのままの響き・・・。
ダニー・クーチの「マシンガン・ケリー」はJO MAMAってバンドやってた時のにも入ってるけど、ジェイムス・テイラーの1stのでもお馴染み。
今回も息のあった演奏をバッチリ(昭和だな〜でも、そんなカンジなんだもん)聴かせてくれました!
”Steamroller”のブルージーな掛けあいも、微笑ましく・・・。
" Sweet Baby James""Country Road""Fire and Rain"・・・もちろんもちろん”You've got a friend”・・・。
" Shower the people"も良かったな〜。
2部構成で、最初から最期まで二人一緒にステージにいたのが良かったです。
・・・うん、そう!これはキャロルとジェイムスのバンドなんだな〜しかも、昔からの気心の知れた匠のミュージシャンたちと組んだ・・・。
Flying Machine、The City、JO MAMA、The Section・・・これまで過ごして来たバンドをREMIXしたような夢のようなバンドでした!!

しかし、ダニー・クーチのギター・・・良かったな〜!(ATTITUDEっていうバンドもやってたけど、CD出ないかな〜?持ってたレコード見当たらないや)
テレキャスターとツイードのアンプはきっとフェンダーだと思うけど、遠くからだったからよく分かんなかったな・・・。
日本のTIN PAN ALLEY 、キャラメル・ママが彼らの影響を強く受けていたことはわかっていたけど、日本は日本で、やはり日本ならではの空気をいっぱい孕んだ、でも、確かに彼らと変わらない、いや、ある意味ではそれ以上の音をたくさん産み落としてくれていて・・・ああ、この時代に音楽に浸れて、本当に幸せだ〜!!!

今年はたてつづけに凄いライブが続いているな〜。
sanchも、編成から言っても、きっとTHE SECTIONのような、お互いがゆるやかな緊張感で繋がっているような表現をしたいんだろうな・・・。
音楽に限らず・・・だけど。

雨の中、家路に着くと、雨はいつしかみぞれから雪に・・・。
朝起きたら、お隣の庭はうっすら雪化粧・・・なのに、まだ桜の花びらも残っていて・・・。
奇蹟のような組み合わせを、天気もプレゼントしてくれました。

photo

★雪と桜。

zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月十三

今日の東京はあったかかったな・・・。
毎日、気温と天気が変わるので、体調崩しちゃいますよね〜。
お隣のお庭の桜も、もうかなり散ってしまいましたが、それでも、今年は桜、長く楽しめたような気がします。
今日はオフだったのですが、わりと早く起きて洗濯したり写真の整理したり・・・。
朝風呂でダラダラと本読んだりしてました。
たまに湯船に落としてしまうので、僕の本や台本はグチャグチャになってしまうことも少なくありません。
持ちこむのは文庫や新書がほとんどですが・・・。
そういや、昔、室井滋が「台本風呂で覚える時、湯船に落とすとすごく勉強してるように見える」って言ってたな・・・。
・・・ま、そんなこと言いながら、ちゃんとセリフ、覚えて勉強してるに決まってるんだけど・・・富山の女性ってそんな感じなんですかね〜?
野際陽子さんや柴田理恵さんもそうかな〜?
富山と山陰も海流では繋がってるからな・・・島根の田中美佐子さんや江角マキ子さんはどうでしょう?
・・・などと言っているうちに暮れてしまった・・・。

昨日は、同郷の、島根県は出雲地方出身の錦織良成監督の新作『RAILWAYS』の完成披露試写があったので舞台挨拶に行って参りました。
監督は平田、僕は松江ですが、この映画の舞台となっている松江と平田を通って出雲市、出雲大社を繋ぐローカル電車「一畑電車」には、子供の頃からよく乗っていました。
詳しくはコラムに書いていますので、そちらを読んでいただけると嬉しいです。
実は僕の出番はそんなに多くはないのですが、郷土を舞台とした映画に出演させていただけたことが嬉しくて・・・。
何よりも中井貴一さんはじめ、高島礼子さん、本仮屋ユイカさん、三浦貴大さん、奈良岡朋子さん、甲本雅裕さん、橋爪功さん・・・出演者のみなさんに本当に島根を、出雲の地を好きになってもらえたことが本当に嬉しかったです!!
美しい風景と、あたたかな人情に包まれたこのような作品を、ひとりでも多くの方に観ていただきたいです。

明日も監督と対談。
RAILWAYSの旅は始まったばかりなのかもしれません・・・。
今年も故郷へは何度も通いそうです。
過去と未来、老若男女、夢と現実・・・あらゆるものを運んで行く電車の旅は、これからも続いていくことでしょう!!

photo

★もう間もなく葉桜に・・・。

zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月十二

京都と東京を行ったり来たり…と言いたいところですが、今週は祖祖母の50回忌もあり、久しぶりにゆっくりと松江に帰っています。
松江と京都を行き来するのも悪くないです。
昨日は天気も良かったので加賀の潜戸(くけど)に遊覧船に乗って行きました。この世とあの世をつなぐ賽の河原の景観には思わず息を飲みます。
そして美保ノ関まで足を伸ばしました。
美保神社では、丁度、神事の最中でありました。

photo

★美保神社、お祓いの最中でした。


今年はチェコ、ブラジル、アメリカと飛びまわっている感じですが、出雲のこの空気もまた、独特です。
雲ひとつない晴天のなか、バスを乗り継いでの観光、かなり良かったです!

京都はといえば、撮影所の自動販売機に妙な飲料水が…これ、東京でも売ってますか?
…お味は〜まあ、飲んでのお楽しみ。

photo

★他にも仮面サイダーなんてのもありました。


出雲に話を戻せば、安来の足立美術館にも行きました。
ミシュランでも三ッ星の美術館ですが、日本画のコレクションが充実しています。
横山大観の特別展をやっていましたが、個人的には橋本関雪が良かったです。
もちろん、玉堂も並んでましたが抱一はこの日は見かけなかったかな…?
借景の日本庭園は素晴らしいですが、ちょっと出来過ぎ…かも?

photo

★足立美術館の日本庭園。


街を歩いてたら地方ならではのポスターの方が気になったりしました。

photo

★観たい!

zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月三

京都で撮影の時は必ず、新幹線を降りてから駅構内にあるパン屋さん、「しずや」に直行。
朝ご飯用に、名物の、ハムがはさんであるパン、「カルネ」を買ってホテルにチェックイン。
これが、シンプルだけど、とても美味しい!

photo

★カルネ二個とオレンジジュースの朝ご飯。

今回は、嵐山も散歩して、満開の桜や菜の花畑、藁葺き屋根、ウグイスの声に鹿威し…絵に書いたような日本の原風景も堪能しました!

ロケ場所も神戸女学院だったりして、レトロな洋館、これもまた近代の日本らしい風景のような気がします。
なにしろ、内田樹さんや甲野善紀がいらっしゃる大学ですからね〜?
こんなところで学べる学生さんたちがうらやましいです〜。

photo

★神戸女学院のキャンパス。また、来たいな〜。

zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇一〇年卯月二

4月1日、エイプリルフール・・・。
西麻布のレッドシューズに、シーナ&ロケッツのシーナさんの"YOU MAY DREAM"の出版記念のPARTYに行く。
DJあり、The 5,6,7,8’sや、もちろん、シーナさん、鮎川さんとのセッションもあり、ものすごく盛り上がりました!!!
驚いたのは、ちょうど来日中のホワイトストライプスのジャックとメグ・ホワイトが飛び入り!!!!!
なんか、すげーな〜TOKYO〜!
”SUZIE Q”でぶっ飛びました〜。

さ、これから、また京都。
もうひとつのロックな街に、ドラマの収録に・・・。
zakki_bottom.gif

戻る

目次ヘモドル