雑記帳 二〇十七年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十六年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十五年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十四年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十三年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十二年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇十一年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇一〇年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇九年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇八年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇七年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
二〇〇六年 睦月 如月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神在月 霜月 極月
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇〇九年睦月二十五日

今日は・・・って、もう午前1時か・・・『誰も守ってくれない』の舞台挨拶。
公開初日は、いつもワクワクドキドキ。
こういう映画がヒットして欲しいもの・・・。
・・・絶対観てくださいね!!!

明日から・・・って、今日か・・・またローマ。
まだパッキングできてないし〜。
撮影も山場のシーンが続きます。
やらねば!

行って来ます。
zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇〇九年睦月十六日

ローマロケからとりあえずいったん帰国しました。
二月半ばまで、あと二往復・・・。
時差ボケが治らず、早朝に目が覚め、夕方、睡魔に襲われるというくり返しからなかなか脱却できずにいます。

ローマのロケは、全体はいっぱいいっぱいのスケジュールで、かなりハードな様子。
けれど、歴史ある風景や、ロケセットを使っての画作りは、かならずや深みのある空気が映し出されることでしょう。
こないだも16世紀に建てられた教会のなかでの撮影でしたが、重要文化財で撮影してるようなもんで・・・。
なかなかでありました。

photo
★キリストの足跡の複製

photo
★アッピア街道にあるDomine Quo Vadis/サンタ・マリア・イン・パルミス教会


出番のシーンを終え帰国まで二日あったので、また、サーカス観に行ったり(すっかりハマってしまいました!!)、ロシア帝国時代から残るアッピア旧街道を散策したりと、かなり歩き回り、すっかりローマつ子気分〜って、撮影以外は単なる観光客でしたが・・・。

photo
★アッピア旧街道

photo
★歴史ある街道も、交通量は多い!



食事も、ほとんど困ることはなかったのですが、そうは言っても海外ではどうしても和食が恋しくなるもの。
ローマでは濱清という和食屋さんが有名なようですが、TRASTEVEREにある「竹寿司」さんは、かなり美味しかったです!
まあ、海に囲まれた国ですから、海産物は豊富なはずなのですが、どうも、板前さんにお話しを聞くと、ローマ人は働かないので、漁師も毎日漁に出る訳じゃないし、流通もよくないようなのです。
マグロなど、日本から買い付けにくるくらいらしいのですが・・・。
板さんは、漁師さんや市場の人に色々と注文をして、いい魚を入手しているご苦労があるようです。
カウンターでお刺身食べてたら、隣のオヤジが一人で酢の物を魚に熱燗をおちょこで飲んでて、「ここまできてるのか〜!」と、日本食のローマでの浸透ぶりに、驚くやら呆れるやら・・・。
たしかに、とても賑わっていました。
もちろん、ローマ在住の日本人の方々も常連さんがたくさんいらっしゃるようですが・・・。

・・・というわけで、ローマでの食事は一安心・・・ただ、決して安くはないのが・・・外食しか手がないですからね〜。
公園でパニーニとビールで10ユーロは越えてしまいますから、今のレートだと1200円くらい・・・。
どうですかね?

photo
★イタリアといえばジェラート!散歩しながら・・・美味しかった〜。

zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇〇九年睦月八日

イタリア人スタッフたちは、今回かなり一生懸命やっていてくださっていますが、労働規約もしっかりしているし、まあ、その、「労働よりアモーレ」の気質は、そうそう変わるものではないようで・・・徹夜で撮影・・・なんてことはあり得ません!
で、どうしても欠番にせざるを得なかったり、カット数を減らしたり・・・と、監督も試行錯誤していらっしゃるようですが、得てしてこういう時の方が結果オーライということが多い気がするのも事実です。
12月の前半の撮影では、70年ぶりの大雨で川沿いのロケ場所が流されてしまったり・・・と、かなり大変なことも多いようですが、佐野の出演部分はなんとか順調に進んでいます。
でも、撮影のない日に晴れたりするんだよな〜。
この時期、イタリアは雨が多いそうですが。
その後もオフの日は街を歩き回っていますが、石畳の街は長時間歩くと膝や腰にくるんですよね〜。
街全体が遺跡のようなので、どこを歩いていても面白いのですが、写真を撮ってて、いわゆる観光地〜っていうスナップになってしまうのが、写真好きとしては情けないところ。

photo
★カラカラ帝が作った一大レジャー施設、カラカラ浴場の跡地。

・・・いや、奇妙、変、形や影が日本とは違う!・・・っていう新鮮さはあるのですけれど・・・。
植田正治がヨーロッパを撮った写真なんて、日本と変わらないものな〜。

いや、日本をいわゆる「日本的なもの」として撮っていなかった・・・ということでしょうね。
しかし、そうはいってもやはり、観光名所は外せなくて・・・「ローマの休日」に出て来るところなんかは、どうしても廻ってみたくなるのは、これはみなさん同じだと思いますよ〜。
・・・「真実の口」にも長蛇の列が・・・。

photo
★ご存知、「真実の口」嘘つきは噛まれます。
「ローマの休日」でグレゴリー・ペックが手を入れて噛まれる演技は
アドリブだったそうで・・・ リアクション、かわいかったな〜オードリー。

運が良かったのは、この時期、サーカスをやっていたこと!!!!
MEDRANO っていう、ワールドプレミアムの道化の部門でグランプリを取った伝統的なサーカス、良かったです。
もう、フェリーニの世界!
白馬、象、ライオン、キリン、らくだ等、動物たちの調教がすごくて、なかでもライオンなどは、ホント、絶句するくらい美しかったです!

photo
★最後は雄ライオンと調教師が添い寝してました・・・美しい!

photo
★バルタバスもたじたじ!

道化の方々も、もう、芸人とはかくあるべし!・・・というようなクールさと残酷さをかいま見せて・・・佐野的にはちょっと怖かったです。
・・・江戸川乱歩の世界でもあり・・・「サーカスにさらわれちゃうよ」という、昭和の人間にとっては、子供の頃に大人に言われたおそろしい言葉もよみがえってきてしまいました・・・。
鉄球のオートバイ曲芸、空中ブランコといった昔ながらの曲芸に、ちょっとセンチメンタルな気分にもなり・・・。
林海象監督の『二十世紀少年読本』、サーカス団の物語でしたが、真希が空中ブランコや一輪車の練習してたこと思い出してしまいました。
監督や、あの時のスタッフ&キャストみんなで観たいな〜とも・・・。

photo
★子供の頃、ボリショイサーカスで同じ曲芸観ましたが、
木下大サーカスも良かったですよ! いつまでも続いて欲しい芸です。

photo
★この色合い!デヴィッド・リンチの世界でもあり・・・。
公演は1月25日まで!Piazzale Clodioの広場にて!ローマに観光に行かれる方は是非!!!
15~35ユーロ。月〜土:5時と9時、日:4時と6時半の2回公演。
tel:0637511517(ローマのです、
国番号から・・・念のため。イタリア語ですし・・・)

さて、俳優の仕事も、こうした「異空間」「異次元」にみなさまをさらっていくことが使命なわけですから、身にしみることでもありました。
こうした経験が撮影に活かされるといいのですが・・・。

「なぜイタリアなのか?」というのは、今回の撮影でずっと考え続けていることですし。
地中海をめぐるギリシャの神々、ローマ帝国、キリスト教・・・アメリカに渡っての福音派・・・黒船、イギリスvsフランスの統治の対立・・・日本の神々・・・。

イタリアの名匠、アントニオーニの『太陽はひとりぼっち』のセリフに好きなのがあるのですが・・・アラン・ドロンが一言・・・「直感の城だな!」
zakki_bottom.gif

戻る
zakki_top.gif

橘 
井堂二〇〇九年睦月五日

大晦日に撮影。
まずは1シーン撮り終えてホッとしました。
イタリア人スタッフと日本人スタッフの共同作業もうまくいっているようでした。
ユニオンがしっかりしているので、1日12時間までしか働いてはいけない・・・とか、撮影終了から11時間は空けないと次の撮影に入っては行けない・・・とか、色々あるので、シーンの撮りこぼしもあったりで日本人スタッフは頭を抱える場面も・・・。

夜はスタッフ&キャストで年越しパーティー!
おせちも用意してくれて、なんとかお正月気分を味わいましたが・・・やはり、ちょっと気分が違います。
なんか、年が変わった気がしなくて・・・。
でも、みんなで盛り上がりました!!
ホテルの屋上テラスでワインを飲みながら花火を眺め、見知らぬお客さんたちとワイワイ・・・。

photo
★ホテルの屋上で年越しパーティー。/はしゃぐスタッフたち。
恋人同士はアモーレ!/あけましておめでと〜!!

しかし・・・お正月は2日から撮影!
ウレシイのはケータリングが充実していること。
スープやパニーニ、ちっちゃいピザとか、もちろんエスプレッソコーヒーも。
ロケ弁(?)も豪華です。
パスタにお肉、お野菜、果物・・・。

photo
★ロケ弁当の箱。縦30センチ、横40センチくらいあります。デカ!
パスタにカツレツ、ブロッコリー。

だけど、毎日はつらい・・・かも・・・。
競演の女優さんがお雑煮を作ってくださったのですが、これが絶品でした!
・・・まだ始まったばかりだというのに、お出汁の香りと味に感激!!!

イタリアはこれまでにもヴェネチア、極東映画祭のあったウディネに訪れていますが、食事がどこも美味しかった印象です。
・・・ローマはね〜そうですね〜やはり、都会ですからね〜なんか、街も、もちろん美しいのですが、治安もよろしくないし、車は違法駐車だらけだし、放っておいても、特に観光シーズンは人であふれかえってますからね〜宿泊しているホテルのあるテルミニ駅近くのレストランは、どうもイマイチ・・・かな?
それでも、どこもピザやパスタは日本人には親しみのある食べ物。
食事が合わなくて困るということはありません。
近くの韓国料理店は、東京でもなかなかないくらい美味しくて、日本人スタッフたちは毎日出かけているようです。
ご飯にスープ、チジミにお肉・・・ここは大久保?・・・てな感じです。

photo
★トレビの泉は観光客だらけ!

昨日は撮影がなかったので国立美術館に行ってキリコ展を観てきました。
常設のモネやゴッホ、ラファエロやデュシャンまで・・・さすがの展示数に驚きでしたが、ローマ、美術館多すぎ!
とても廻れそうにありません。
美術館のある公園で遊ぶ子供連れの家族や、老夫婦、読書する青年・・・絵になるな〜と、写真撮りまくってしまいましたが、フイルムなのでアップできないや・・・スンマセン。

それにしても、観光シーズンと“SALDI!”セール中なので、ブランド品めがけてスペイン広場の周りは渋谷より凄い人口密度!
カミサンもいわゆるブランド品や貴金属には興味ないし、助かってますが・・・確かに安い!
ブランドじゃないけど、イタリアらしい色のセーターやマフラーには、やはり心動かされてしまいます。

photo
★スペイン広場もご覧のとおり。たしかに「ローマの休日」なのですが・・・。

なんか、全然、撮影の話にならないな〜。
まあ、発表できないせいもあるのですが、オールイタリアロケのこの作品、集中してひとつの仕事に向きあえる環境を無駄にしないように努めます。
zakki_bottom.gif

戻る

目次ヘモドル